PRIDESの語源説明

ラグビー憲章とはラグビーを成り立たせる5つの精神のことを言います。
それらは「品位」「情熱」「結束」「尊重」「規律」です。

詳しくはワールドラグビーHP参照

ラグビー選手は激しいコンタクトスポーツの中でも争いや暴力ではなく、5つの精神を遵守し戦うのです。
その姿勢が人を感動させるスポーツとして、世界中で愛される理由となっています。

PRIDESPRIDESの意味

  • PASSION【情熱】

    いつまでも自分たちの
    ミッションに情熱を持ち続ける

  • RESPECT【尊重】

    関わるすべての人を尊重する

  • INTEGRITY【品位】

    誇れる行動・言動・
    立ち居振る舞い

  • DISCIPLINE【規律】

    社内・外問わずルールを守る

  • SOLIDARITY【結束】

    関わるすべての人と結束を高める

MESSAGECEO / KOJI TOMIOKA

私たちはラグビー精神を世界中の人たちとシェアし、
友情と優しさ溢れる社会を作っていきます。

私はラグビーを通して、様々なことを学びました。

ラグビーは15人で行うスポーツです。 その中には色んな個性があり、小さくても素早く走れる人、足は速くないけど身体が大きく力持ちな人、不器用でも一つのことを全力でやりきる人など様々な人が同じフィールドでプレーし、同じ目標に向かっていくのです。 ちなみに私はそこまで運動能力も高くなく、また身体もチームの中では2、3番目に小さい選手だったので大きい選手に吹っ飛ばされることも多々ありました(笑)
ですが、その度にチームメイトが必ず助けてくれました。 ラグビーというスポーツは人の強みを活かし、弱みをカバーし合う。また自然に人の個性や違いを受け入れてくれ、理解し合えるスポーツです。
激しいぶつかり合いの中で生まれる結束力、他人(チームメイト、相手、レフリー)を尊重する心は社会においても必要不可欠な精神だと感じています。

社会でも人と人、国と国、色んな衝突が起きています。ラグビーで学んだことは必ず社会を良くし、人々を豊かにできるはずです。
私たちはラグビー精神を世界中の人たちとシェアし、友情と優しさ溢れる社会を作っていきます。

株式会社PRIDES 代表取締役CEO
冨岡 耕児

MEMBER

代表取締役CEO 冨岡 耕児
代表取締役CFO 福井 建太
取締役 米岡 真由美
FIVES 担当 西村 達衛
総務 前田 のぞみ

BUSINESS

  • FIVESの写真

    FIVES

    都市型5人制タグラグビー。日本ラグビーフットボール協会後援、Impact Beyound事業の一環。

  • イベント事業の写真

    イベント事業

    「講演」「トークイベント」「ラグビー体験会」など様々なニーズに対応できるイベントの実施。

  • コーチング事業の写真

    コーチング事業

    小・中学生を対象とした平日放課後ラグビー教室カバジェーロ。各カテゴリに応じたスポットコーチング。

  • コンサルティング事業の写真

    コンサルティング事業

    チームのブランディングや商品開発、営業活動へのアドバイスなどを行う。

CORPORATE PROFILE

社名 (株)PRIDES
代表 冨岡 耕児
創業 令和元年 5月7日
資本金 1,500,000円
本社所在地 大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19階
宝塚オフィス 兵庫県宝塚市鹿塩2-7-15